“白粉焦:おしろいや” の例文
“白粉焦:おしろいや”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“白粉焦:おしろいや”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鼻の下の長い白粉焦おしろいやけのした男が、こんな事を言うのですから、本当にいい気なものです。
半七郎はアタフタと二人を迎え入れました。少し自堕落な風俗ですが、役者らしく白粉焦おしろいやけのした顔や、スラリとした後ろ姿が、平次に似ないことはありません。
PR