“白張傘”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しろはり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“白張傘”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白張傘しろはりをひらいて雨の中にその女が出てゆかうとする。外は溝板が浮いてるやうな大降りだ。ものどりでないことは、その女の風姿すがたと、自分の家の貧しさでも知れてゐるので、
下町娘 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)