狂喜雀躍、すぐにもお宿へうかがい、お目通りをとも思いましたが、なおそこらは敵地に遠からぬ所、人目のりもあり、かたがた、ふいにおかせ奉るもいかがとえ、わざと一応
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)