“淨財”の読み方と例文
新字:浄財
読み方割合
じやうざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸中の信徒から淨財を集めたところ、山の手だけで、何んと二千五百兩といふ巨額に上り、それを明日は信徒總代が、木遣音頭で威勢よく小田原に送り込むことになり、今夜一と晩だけ