“浹辰”の読み方と例文
読み方割合
せふしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまだ浹辰を移さずして、氣沴おのづから清まりぬ。すなはち牛を放ち馬をへ、愷悌して華夏に歸り、を卷きめ、儛詠して都邑に停まりたまひき。