“海豚:イルカ” の例文
“海豚:イルカ”を含む作品の著者(上位)作品数
吉行エイスケ1
岡本かの子1
“海豚:イルカ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女達が私に身をまかせるとき、彼女達の感受性から海豚イルカの粘々した動物性をうける。
恋の一杯売 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
彼女が東洋の女の尻尾と男性の舞踊会に用いるルーブル紙幣の仮面、といって彼女が銀色のコオセットに太平洋をぶらさげてはいないのだ。やはり彼女も海豚イルカなのだ。
恋の一杯売 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
それで海豚イルカは眼を細めている。
渾沌未分 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)