“津々浦々:つづうらうら” の例文
“津々浦々:つづうらうら”を含む作品の著者(上位)作品数
夢野久作1
“津々浦々:つづうらうら”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうして全国の小学児童に代数や幾何きかの面白さを習得さすべく、彼自身の貴い経験によって、心血を傾けて編纂へんさんしつつある「小学算術教科書」が思い通りに全国の津々浦々つづうらうらにまで普及した嬉しさや、さては又
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)