“洋品屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ようひんや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私たちのなかでは、ほんとうのオーケストラを、見たものもいたことのあるものも少なかったのですから、もちろんそれは町の洋品屋ようひんや蓄音器ちくおんきから来たのですけれども、恰度ちょうどそのように冷い水はながれたのです。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)