椿岳ちんがく)” の例文
今ではその跡にバラック住いをして旧廬の再興を志ざしているが、再興されても先代の椿岳手沢の存する梵雲庵が復活するのではない。
浅草寺寺内の奇人団とでも題を附けましょうか、その筆頭にはず私の父の椿岳を挙げます。
寺内の奇人団 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
御存じの通り私の父の椿岳は何んでも好きで、少しずつかじって見る人でありました。
我が宗教観 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)
奥山は僕の父椿岳さんが開いたのですが、こんな事がありましたっけ。