“椶軒正精”の読み方と例文
読み方割合
そうけんまさきよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
欄外評は初より二十七頁に至るまで、享和元年より後二年にして家を嗣いだ阿部侯椶軒正精の朱書である。菅茶山の評のあるものは、茶字を署して別つてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)