“棹石”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さおいし50.0%
さをいし50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“棹石”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
現在の巌流碑がんりゅうひは、四尺七、八寸の棹石さおいしで、実見しないが、碑面に、
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
俗の方は昔日兄上に江戸黄檗禅刹記の事を報ぜし吉永卯三郎君に候。吉永は恰も好し昨日門司より来りたる由にて、奇遇を喜候。さて二人に案内を請ひて墓の所に至るに、墓は尋常の棹石さをいしにて、高さ二尺七寸、横一尺、は二重に候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)