“暈影”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うんえい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“暈影”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
例えば、私自身が大病をわずらっている場合に、私は先ずその病気を治療することに私の生活の重点を置いて、その他の事はその重点をめぐって遠景的に暈影うんえいを作るでしょう。
婦人改造の基礎的考察 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)