“早稲食饗”の読み方と例文
読み方割合
わさけのふるまい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新甞とも云うべき早稲食饗や、茅輪潜と云って、氏子一同氏神の社に詣で、藁で作った輪を潜って、後をも見ずして走って帰るという奇態な神事もあったという。