“日雇婆”の読み方と例文
読み方割合
ひやといばばあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の許諾をずして吾妻橋事件などを至る処に振り廻わす以上は、人の軒下に犬を忍ばして、その報道を得々として逢う人に吹聴する以上は、車夫、馬丁無頼漢、ごろつき書生、日雇婆、産婆
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)