新吉原しんよしわら)” の例文
丁度その刻限、そんな騒ぎのあろうとは露知らぬが仏、門人の柳下亭種員新吉原馴染に泊っていたのである。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
仔細あって我家にかくまうそれまでは新吉原佐野槌屋の抱え喜蝶と名乗ったその女である。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)