“播州巡”の読み方と例文
読み方割合
ばんしうめぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
備中から備前、それから播州巡りをして、石の寶殿高砂の松を見て歩く中に、道臣はお時と、京子は竹丸と、別々の旅人のやうになつて歩いたこともあつた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)