“播州人”の読み方と例文
読み方割合
ばんしゅうじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
播州人らしい乗客の顔を、私は眺めまわしていた。でも言葉は大阪と少しも変わりはなかった。山がだんだんなだらかになって、退屈そうな野や町が、私たちの目にく映った。
蒼白い月 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)