“摺小杵”の読み方と例文
読み方割合
すりこぎね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに第一元のような杵と臼とが、もう家ごとには備わっておらぬようになって、によっては擂木すなわち摺小杵をもって、米を砕いてシトギを作ろうとしている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)