“摩訶僧祇律”の読み方と例文
読み方割合
まかそうぎりつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この居士は宿命通を以て六群比丘が昔鶏と烏の間の子たりしを見通しかく説いたのじゃと言うた(『摩訶僧祇律』三四)、『沙石集』三に、質多居士は在俗の聖者で、善法比丘てふ腹悪き僧