“搦手図”の読み方と例文
読み方割合
からめてず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今——武者修行が熱心に写している見取図をのぞくと、彼は、いつの折かに、その城のうしろをおおっている大亀谷や伏見山からもこの城地を俯瞰して、べつに一面の搦手図を写しているらしく
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)