“揺籃歌”の読み方と例文
読み方割合
ようらんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ショパンの『揺籃歌』や『円舞曲=嬰ハ短調』もその頃であるが、いずれも恐るべき吹込みで、今日のレコードに比較すべくもない。
そのうちでも一般から愛されるのは『揺籃歌』Wiegenlied で、この歌に行きわたる柔かい母性愛の美しさは、いかなる人も及ばない。
グラナドスの『スペイン舞曲』(JD六五二)とドビュッシーの『亜麻色の髪の娘』(DA六六)、フォーレの『揺籃歌』(DB一六五三)を採るのが本道かも知れない。