“揀択”の読み方と例文
読み方割合
けんじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「至道難なし、ただ揀択を嫌う。ただ憎愛することれ。洞然として明白なり」と。まして他力を説く浄土門は断えず云う、「ただ頼めよ、委ねよ」と。取捨には誤謬がある。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)