“揀出”の読み方と例文
読み方割合
けんしゆつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔譯〕生物は皆死をる。人は其なり、當に死を畏るゝの中より死を畏れざるの理を揀出すべし。吾れ思ふ、我が身は天物なり。死生のは天に在り、當に之を順受すべし。