“推問”の読み方と例文
読み方割合
おしと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目科も此上問うの益なきを見て取りしか推問わんともせず、是にて藻西太郎を残し余と共に牢を出で、を下りて再び鉄の門を抜け、廊下を潜り庭をり、余も彼れも
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)