“挙人老爺”の読み方と例文
読み方割合
きょじんだんな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
挙人という話が出ればつまり彼である。これは未荘だけでそう言っているのではない、この辺百里の区域の内は皆そうであった。人々はほとんど大抵彼の姓名を挙人老爺だと思っていた。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)