“按排式”の読み方と例文
読み方割合
あんばいしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鱗が重なり重なッて髪の外面を包んで居ます丁度筍の皮の様な按排式に鱗は皆根からへ向て居るのです
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)