“御駕:ぎょが” の例文
“御駕:ぎょが”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治2
“御駕:ぎょが”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かくて帝の御駕ぎょがは、郊外の近くまでさしかかって来た。するとたちまち彼方の丘の陰からさかんなる兵気馬塵が立ち昇り、一隊の旌旗、天をおおって見えたので、
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「先帝の御駕ぎょがが、中国路へかかるは必定ひつじょう。そのときには」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)