“御同様”の読み方と例文
旧字:御同樣
読み方(ふりがな)割合
キフ・キフ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御同様”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
差合いルラシオンという点なら、まず御同様キフ・キフ。何しろ、有明荘の住人の一人だってえことがこの際何よりモノをいう。どう誘導ひっかけられて悲惨なクリュエル羽目に陥し込まれんものでもないから、こういう場合にはあまり逸らんのが大丈夫の道、触らぬ神に祟りなしで、せいぜいユックリと凪ぎを待つ方がよろしい」
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)