“廣蓋”の読み方と例文
新字:広蓋
読み方(ふりがな)割合
ひろぶた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“廣蓋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まだお帰りにはがあるかしらと思いながらお座敷のていをのぞいて見ますと、ちょうど御酒が二三献過ぎた時分らしく、一人の女房が引出物に、廣蓋ひろぶたの上へ小袖を載せて持って出て来るところでしたが、その女房と云うのが
三人法師 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)