“庁堂”の読み方と例文
読み方割合
ちょうどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は或る日、県(県は日本の郡単位)の庁堂の壁に、民治の主旨をかかげて、その日、公庭に集まった全吏員にこう告げていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すると間もなく煙客翁は、庁堂へ案内されました。
秋山図 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
太守劉焉は、何事かと、関羽を城館に入れて、庁堂で接見した。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)