“平野謙”の読み方と例文
読み方割合
ひらのけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これほど力みはしなかったが平野謙もその考えであり、佐々木基一もそうで、彼はいち早く女と山奥の温泉へ逃げた。
魔の退屈 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
わが平野謙く(彼は僕らの仲間では大愛妻家という定説だ)先日両手をホータイでまき、日本が木綿不足で困っているなどとは想像もできない物々しいホータイだ。
悪妻論 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
このめられた妖怪的な日本的思考法の結び目に当る伏魔殿が家庭感情という奴で、日本式建築や生活様式に規定された種々雑多な歪みはとにかくとして、平野謙などという良く考える批評家まで
デカダン文学論 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)