“寠”の読み方と例文
読み方割合
やつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お粂はすっかりれていた。薬土瓶を枕元に置いて寝たきりなのである。けれど、そうしている半月余りは、さして辛くもなかった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
五年変り種漁りに憂身をしていたのであったが、バルセローナ州選出の上院議員ルロイ・ソレル男爵の夫人は、すでに一昨年と昨年と続けて二回も入選していた。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
「思ったよりは、れてもいない。なかなか気丈そうな女子ですこと。——何か、お言葉をかけておやりなさい」
日本名婦伝:静御前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)