“寃屈”の読み方と例文
読み方割合
ゑんくつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全体うたと語根を一つにしてゐるらしい語には、悲愁・寃屈・纏綿などの義を含んでゐるのが多い。
若くして寃屈の最期を遂げた霊気懺悔念仏の意味から出たもので、其物語られる詞は、義経や、曾我兄弟の自ら告げたものであるから、邪気・怨霊・執念の、其等若武家には及ばぬものを