実践家じっせんか)” の例文
実践家にふれることができたことを思いますと、一方では、かえってありがたいような気持ちもしています。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
喰った男は人類はじまって以来、おそらく汝ひとりであろう。身体髪膚これ父母にくという。汝はまた、孝道の実践家だ。——暇をつかわすゆえ、許都へ帰って眼の治療をするがいい
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)