“夜鷹宿”の読み方と例文
読み方割合
よたかやど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さても本所の鐘撞堂かねつきどう相模屋さがみやという夜鷹宿よたかやどへ、やっと落着いた米友は、お君から何かの便りがあるかと思って、前に両国の見世物を追い出された晩、お君と二人で宿を取った木賃宿へ行って様子を聞いて
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)