“夜雨蕭々”の読み方と例文
読み方割合
やうしょうしょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四階の雨戸を打って、夜雨蕭々やうしょうしょうける。隣の部屋では、時々、紙の音、ゴホンゴホン、気のどくに、健吉さん、夜もすがら、カンづめ。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)