“夜襲戦”の読み方と例文
読み方割合
やしゅうせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多分、その日の夜にると、北上ほくじょうしてきた赤軍せきぐんは、勢いに乗じて、大挙たいきょ土佐湾の夜襲戦やしゅうせんを展開することだろうと、想像された。
恐しき通夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)