“夜衾草”の読み方と例文
読み方割合
よぶすまそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姥百合うばゆり大虎杖おおいたどり、水芭蕉、夜衾草よぶすまそう、矢車草等の巨大なるものが見られたのも、このあたりからであったが、最早もはや原始の面影を失ってしまった。
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)