“夜衾”の読み方と例文
読み方割合
よぶすま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秋田県などでユブシマすなわち夜衾よぶすまというものが稀にまだ残っているが、是には表を藤布として、中の綿を麻の屑にしたものがあった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)