“夜泣松”の読み方と例文
読み方割合
よなきまつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——夜泣松よなきまつというのが丘下おかしたの山の出端でばなに、黙ったからすのように羽を重ねた。
若菜のうち (新字新仮名) / 泉鏡花(著)