“売女風情”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばいたふぜい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“売女風情”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それに三、四度逢ったばかりの蠣穀町の売女風情ばいたふぜいに探切立てをしていくら安物とはいいながら女の言うがままにコートを買ってやるなんて、どうしてそんな気になったろうかと、自分でも阿呆あほうのようでもあり、またおかしくもなって考えて見た。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)