“土岐源氏”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ときげんじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——身、武門にそだち、男として土岐源氏ときげんじの血をうけながら、やわか、信長ずれの駆使に身をかがめ、生涯を終ろうや。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土岐源氏ときげんじ以来の長い家系と、時流の外にあって、山間の平和を保ってきたその城も、きのうから煙を吐いて、きょうの明け方からは、さかんに火の手をあげて、燃えていた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)