アザ)” の例文
何となく、国学者・儒者のもの/\しさを、笑つてゐるやうに見える。町はづれに還り住んだ家を藁屋と言つたのも、やはり其であらう。
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)