“喜左坊”の読み方と例文
読み方割合
きさぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つい去年までに口もけなかった近所の喜左坊が、兵隊帽子に新らしいカバンをつるし、今日から小学第一年生だと小さな大手を振って行く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)