唁々きゃんきゃん)” の例文
時々咽喉でもられるように、消魂しく唁々と啼き立てる其の声尻が、てかぼそく悲し気になって、滅入るように遠い遠い処へ消えて行く——かとすれば
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)