“唁々”の読み方と例文
読み方割合
きゃんきゃん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時々咽喉でもられるように、消魂しく唁々と啼き立てる其の声尻が、てかぼそく悲し気になって、滅入るように遠い遠い処へ消えて行く——かとすれば
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)