“命名日”の読み方と例文
読み方割合
なづけび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
イワン・ヤーコウレヴィッチは彼に白い布をかけると、刷毛を使って見る見る彼の頤髯と頬の一部をば、まるで商人の家の命名日に出されるクリームのようにしてしまった。
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
飲みにやって来て下さい。ちょうどお誂えむきに、今日は僕の命名日でもあるしするから。
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
天が彼女に、ふだんは焦茶いろの細かいをとつた婦人服を身に著け、復活祭と自分の命名日には赤いカシミヤのショールを纒ふやうに運命づけたのは、大きなあやまりであつた。