“古書肆”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こしょし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“古書肆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
最後に私は、古書肆こしょしの店頭から殆ど姿を消してしまった本書を再び人寰じんかんうちへ呼びかえしてくれられた知友角川源義かどかわげんよしさんの御厚意に、心からの御礼を申しあげたい。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)