“却〻”の読み方と例文
読み方割合
なか/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又た極く近いところの石定(人入れといふではないが)なども却〻名高く、彼は数年前に死んだが、之れなどは先づ侠客の打止めであらう。
侠客の種類 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「さうでやせう。あの體で北海道は少し無理でやすな。併し十風の境界は却〻古風でえゝ。あの斯う顏の丸い」
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
太七の工場の前を窺つては中の様子にそれとなく注意を払ふのであつたが、却〻にその効もなく、そのまゝ日数を経て行つた。
名工出世譚 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)