“勲爵”の読み方と例文
読み方割合
くんしゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その仲達は歿して、国葬の大礼をもって厚く祭られ、遺職勲爵は、そのまま息子の司馬師が継いだ。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「わが目には、列臣の勲爵も、ましい物でなく、禁軍八百万の旌旗といえど、物の数ではない」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いや、王室へ功をいたしたわれわれ臣下にまだ勲爵の沙汰がないので、待っているわけです」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)